ぽわぽこ毛糸店は、「ほわほわの手仕事倶楽部」というハンドメイドの情報サイトの付属ショップです。
毛糸店には、目下12名の手紡ぎ作家がいます。
みな それぞれに日々 良い作品を作る事に蘊蓄(うんちく)を傾け、研究し、創作しています。

でも、それで食べていかれないのです。頑張って良い作品を作っても収入になりません。
一人では小さな力 でも、集まれば大きな力になる。そんな思いからこの付属ショップを立ち上げました。

もちろん ぽわぽこ毛糸店には、作家さんたちの生活を支えるほどの力は、とてもありません。
微々たる支援しかできませんが、ぽわぽこ毛糸店が作家さんから糸を仕入れることで、作家さんが次の作品を作る材料を買う資金の一部になれば、また、そこから素晴らしい作品が生まれてくる。そのことを願っています。

そして そんな作家さんたちがいてくれるからこそ ぽわぽこ毛糸店も商売ができます。

作家さんたちが、一生懸命作った糸を 「こんな糸が欲しかったの」というお客様の手に渡す その橋渡しをショップができればいいなぁと思います。

作家さん同士が繋がる。
糸という作品をとおして、作家さんとそれを材料として使う別の作家さんがつながる
また その作品を買ってくださるお客様とつながる
ほんの僅かですが、暮れには売り上げの中から、クリスマス募金もします。

もっと 儲かれば、もっと作家さんに支払いができて、募金もできて 税金も払えます。
いつか そうやって 世の中に還元することができたら 幸せだなぁ〜と考えます。

いつか 世界中の子供だちに 糸を紡ぎ、機を織り、編み物をする そんな楽しさを教えてあげられたら、もっと幸せです。
私に教えてあげられる事は、なんでも教えます。私では無理な事は、だれかに聞いてみます。

そうやって ほわほわの幸せが世界に広がる事を願って このショップを立ち上げました。

母体である「ほわほわの手仕事倶楽部」では、目下サイト構築中ではありますが、少しでもみなさんのお役に立つ情報をお届けできればと構築中公開しています。
もっと 充実したサイトを作れるよう がんばって運営していきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

About the owner

村上泰子

秋の夜長は、毛糸を紡いでいます。機を織ります。 編み物歴50年 おばあちゃんの膝に座って、手を取って教えてもらいながら始めた編み物でしたが、今は、私がおばあちゃんになりました。 糸車を回しています。

Top